大分SHOKUトップページへ

大分SHOKUトップページへ

大分|色|大分の風景

竹田市、中津市、佐伯市

高原の秋 「 茜 」

Vol.1
九州本土最高峰を擁するくじゅう連山。
この南に広がる草原は、まるで北の大地のような圧倒的なスケールで、遠く阿蘇まで続いています。

10月、久住高原の「くじゅう花公園」では、100万本ものコスモスが満開を迎え、心地よい秋風が爽やかな香りを運んでくれます。11月に入ると高原の空はいっそう高くなり、一足早く冬支度が始まります。

この頃から、県内各地が色付き始めます。
福沢諭吉生誕の地、中津市にある紅葉の名所「耶馬渓(やばけい)」は、切り立った断崖と深紅に染まった紅葉が眼前に迫り圧巻です。

また、水と紅葉のコントラストは、絶妙な美を醸します。祖母傾山系(そぼかたむきさんけい)より流れ出る落差約80メートルの観音滝は、花崗岩の岩肌と紅葉の美しさがあいまって妖艶な姿となります。人里離れた山中にあるこの滝は、疲れた登山者に癒しのひとときを与えてくれています。

くじゅう花公園のコスモス

晩秋の久住高原

深耶馬渓(しんやばけい)中津市

用作公園(ゆうじゃくこうえん)竹田市

白水ダム(竹田市)

観音滝(佐伯市)

上へ戻る
色バックナンバーへ