大分SHOKUトップページへ

大分SHOKUトップページへ

大分|色|大分の風景

九重町(ここのえまち)

天空の橋

Vol.2
九州の尾根、くじゅう連山のふもとに新たな紅葉の名所が誕生しました。

九重町の「九重"夢"大吊橋」は、紅葉のシーズンが始まる
10月30日に開通しました。

鳴子川渓谷にかかり、「日本一」の長さと高さを誇る専用歩道橋からは、360度の大パノラマがひろがります。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

11月13日に取材に出かけてきました。
橋の手すりから渓谷をのぞき込んだ際、あまりの高さに足がすくみましたが、色づき始めた木々の中に落差83mの「震動の滝」が見えたときは、その山水画のような美しさに怖さも吹き飛んでしまいました。

見上げれば、突き抜けるような真っ青な空。

くじゅう連山では、既に雪化粧が始まっています。これから寒暖を繰り返しながら、少しずつ冬の装いが進んで行きます。南国九州にも、一面の銀世界の見られる季節がすぐそこまでやってきています。


(参考)
「九重"夢"大吊橋」
  ●営業時間 8:30〜17:00(16:30まで受付)
  ●入場料金、交通アクセス等は、下記のウェブサイト
   をご覧ください。

長さ390m  高さ173m  幅1.5m

鳴子川渓谷の切り立った断崖

右下に日本の滝100選「震動の滝」(落差83m)が見えています

深く澄んだ秋の空

太陽の光できらめくススキの穂

飯田高原より、くじゅう連山を望む

上へ戻る
色バックナンバーへ