大分SHOKUトップページへ

大分SHOKUトップページへ

大分|色|大分の風景

大分市

師走の輝き

Vol.3
12月。
暖冬の続くここ大分でも、寒風の吹く日が多くなりました。いよいよ本格的な冬の到来です。

気温が下がるにつれて、今年も街のあちこちで、恒例のクリスマスイルミネーションがきらめきを増してきました。

最近は、LED(Light-Emitting Diode:発光ダイオード)を用いた透き通った青色光が主流ですが、大分の中心街をライトアップするイベント「おおいたファンタジー」で使用されている昔ながらの電飾は、白熱電球が大半で、ふわっとした温かみがあって街全体を包み込んでいます。

大分駅前の大通り、若者が集まるちょっとお洒落な府内五番街、県庁そばの遊歩公園などに施された光のアートの中を歩いている人を見ていて気付くことがあります。

それは、「笑顔」。

家族連れ、友達同士、恋人たちの、
嬉しそうな顔、楽しそうな顔、幸せそうな顔。

何かと忙しない時期ですが、
ちょっと寄り道してみませんか?

心癒されるひとときをお過ごしいただけると思います。

大分駅前の大通りに残る歴史的建造物「赤レンガ館」

府内五番街(旧若松通り商店街)。青色の光が、石畳の街並みによく似合います。

大分県庁そばの遊歩公園。「おおいたファンタジー」は、07年1月9日まで開催されています。

空にのぼって行くトナカイとサンタクロース

上へ戻る
色バックナンバーへ