大分SHOKUトップページへ

大分SHOKUトップページへ

大分|色|大分の風景

大分市

卒業

Vol.6
あなたの卒業の思い出は何ですか。

 友達の泣き顔
 セピア色に染まった校舎
 通学路で見かけた菜の花の黄色

卒業の記憶と思い出を飾る色は、まさに十人十色でしょう。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

去る3月3日、大分県立佐賀関高等学校は、特別の卒業式を迎えました。
昭和23年に臼杵高校の分校として設立された佐賀関高校は、平成19年3月末をもって59年の歴史に幕を閉じます。

かつて企業城下町として栄えていた佐賀関町は、平成17年1月の大分市との合併時には、人口が全盛期の二分の一にまで減少し、少子化もあいまって、佐賀関高校では定員割れの状態が続いていました。

高台にある校舎からは、佐賀関の港や豊後水道が一望できます。青い海原に向かう漁船が描く波を追っていると、時間が穏やかに流れて行くのを感じます。

消えゆく母校に寄せる思い。
長い年月が過ぎ、佐賀関高校卒業生の心に甦るものは、教室で友と語りあい眺めていた青い海でしょうか。


(平成19年3月発行)

生徒たちの通学路 大分川河川敷(府内大橋付近)
3月初旬から菜の花が咲き始めます。

佐賀関高校 正門

校内のバス停。もうバスがとまることはありません。

グラウンドから望む豊後水道。左は蔦島(つたしま)

上へ戻る
色バックナンバーへ