大分SHOKUトップページへ

大分SHOKUトップページへ

大分|職|職人の技

「大分の工芸家たち展−点から線へ−」

Vol.30
 自然豊かな大分県は、竹細工や木工など、古くから優れた工芸職人を多く輩出してきました。また近年では、その自然に魅せられた多くの工芸家の制作拠点ともなっています。
 大分で制作に励むさまざまな工芸家たちの作品を、より多くの方にご紹介するとともに、大分の工芸品の新たな販路開拓に繋げるため、福岡市で初めての展示販売会「大分の工芸家たち展−点から線へ−」を、平成24年10月15日(月)〜10月21日(日)の1週間にわたり開催しました。
 
 会場となったイベントスペース「エンジョイスペース大名」は、福岡市中心部の繁華街、福岡市中央区大名1丁目に位置し、築130年の古民家を改装した趣ある建物です。「若者の街」という印象もある大名地区ですが、期間中は家族連れや年配のご夫婦など、さまざまな世代の方が散策しながらショッピングを楽しむ様子が見られました。
 今回の展示会は、大分の各地に点在して暮らす工芸家が新たに線として結ばれて福岡圏域の皆様に作品をご紹介したい、という思いと、この展示会、会場をきっかけに作品を届けたい、という二つの思いをこめ、サブタイトルを「点から線へ」として開催しました。
 イベントが新聞やテレビニュースなどで紹介されたこともあり、今まで大分の工芸に触れたことのない方にも多く来場いただきました。
 出展者それぞれが思い思いにディスプレイした商品を目にした来場者からは、「初めて目にする工芸品もあり、一つひとつの商品のレベルが高い」「いろいろな工芸家の作品が見られて楽しい」などの声をいただき、福岡圏域の方々に大分の工芸の良さを知っていただくきっかけを作ることができました。また、この展示会を契機に、近郊の工芸・雑貨ショップ関係者の方とのつながりや出展者同士のつながりもできました。サブタイトルにこめた通り、福岡の「点から線へ」とつながっていく今後の展開が楽しみです。

◇出展者一覧(50音順)◇
・atelier703(アトリエナオミ)・橋本尚美【陶芸・大分市】
・おひさまとかぜ・折居弘滋【木製玩具・日田市】
・開工房・安藤光平【つげ細工・日出町】
・TODAKA WOOD STUDIO・戸高朋子【木工芸・九重町】
・有製咲処(タモツセイサクショ)・西本有【竹工芸・別府市】
・ぱたんこ屋・高木康子【手織・竹田市】
・無風窯・高木逸夫【陶芸・竹田市】

実演に興味深げに見入る人々

会場風景1

会場風景2

会場風景3

会場全景

展示風景1(手前・有製咲処

展示風景2(atelier703)

展示風景3(手前・おひさまとかぜ)

上へ戻る
職バックナンバーへ