大分SHOKUトップページへ

大分SHOKUトップページへ

大分|職|職人の技

スパイラル・ショウケース(南青山)

大分の工芸品展示販売会
「手から手へ くらしの中の道具たち」

Vol.37
平成27年3月4日から8日までの5日間、東京・南青山のスパイラルショウケースで開催された大分の工芸品展示販売会「手から手へ くらしの中の道具たち」をご紹介します。

この販売会は平成19年度から大分県が行ってきた「首都圏における大分の工芸品 情報発信・販路拡大事業」の一環です。
大分の工芸の魅力を東京でPRしようと集まった作り手たち
22者を始め、関係者はこの1年間、販売会に照準を合わせ、準備を進めてきました。

9月、事業にご協力いただいている(株)エデュウス、
スパイラルマーケットの皆様を大分にお招きし、勉強会と工房訪問を開催。
熱のこもったアドバイスをいただき、全員で販売会のミッションを確認しました。

年明けには、出展者によるfacebookページ「手から手へ くらしの中の道具たちin青山スパイラル」がオープン。
カウントダウンがスタートしました。
作り手一人一人のもの作りにかける思い、
ワクワク、不安や迷い・・・様々な思いが伝わってきます。

そして、開会。
驚くほどの人、人、人。
5日間、店内は人であふれかえり、関係者からはうれしい
悲鳴が上がっていました。
「来年もあるの?」とおっしゃるお客様からのありがたい声も聞こえる中、「手から手へ くらしの中の道具たち」は幕を閉じました。

この販売会を経て、作り手たちは互いに「大分で生まれた"道具"たちを通じて、大分を全国に発信したい」という思いを、日に日に強くしています。

今後この思いは、
全国各地、様々な形で芽を出します。


【手から手へ くらしの中の道具たち 出展者】
(土)
  阿南維也、新井真之、古藤隆士、坂本和歌子
  指原邦行、燒リ逸夫、橋本尚美、林裕司
  肥後仁美、肥後博己
(竹)
  伊藤憲男、児玉美重、西本有、松田浩樹
  森友恵、森脇けい子、山川理香
(木)
  大澤真琴、甲斐のぶお工房、神野達也
  後藤文生、箸屋一膳


2014.9.5 工房訪問(竹工芸 松田浩樹さん)

2015.3.4 オープン

上へ戻る
職バックナンバーへ