大分SHOKUトップページへ

大分SHOKUトップページへ

大分|触|観光情報

大分市、佐伯市

豊後水道・しめ縄・ご来光

Vol.4
【豊後二見ヶ浦】
12月3日、佐伯市上浦(カミウラ)の「豊後二見ヶ浦(ブンゴフタミガウラ)」では、今年も市民の手によってしめ縄が架け替えられました。

日本一の長さを誇る全長65m、最大直径75?もあるしめ縄は、寄り添うように並んだ雌岩と雄岩にしっかりと架けられ、日豊海岸国定公園のシンボルとなっています。大分県内では最も有名な日の出スポットの一つで、お正月には多くの初詣客が訪れますが、ライトアップされた夜も必見です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

【ビシャゴ浦姉妹岩】
関あじ・関さばのふるさと、大分市佐賀関(サガノセキ)半島ビシャゴ浦に浮かぶ姉妹岩。

その昔、神武天皇が東遷の途路、佐賀関沖で大ダコが守っていた神剣を取り返した海女、黒砂(いさご)・真砂(まさご)姉妹を祀っているそうです。

25年以上も前、地元の地域づくりグループ「海部の郷(アマベノサト)をつくる会」によって初めて架けられたしめ縄は、今では豊後二見ヶ浦とともに、初詣に格好の場所として知られています。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


(アクセス)
●豊後二見ヶ浦
 JR日豊本線「浅海井(アザムイ)」駅下車徒歩8分
●ビシャゴ浦姉妹岩
 JR日豊本線「幸崎(コウザキ)」駅より佐賀関行きバス乗
 車約20分、最終バス停(佐賀関)にて下車→タクシー
 で小黒方面へ約10分、黒ヶ浜海水浴場手前


写真提供:佐伯市

(平成18年12月発行)

豊後二見ヶ浦の日の出

昼の風景

豊後二見ヶ浦のライトアップは、
07年1月4日まで、午後6時〜10時半の間
行われます。12月31日は、オールナイトです。

ビシャゴ浦姉妹岩の日の出

姉妹岩の沖には、ウミネコの生息地として有名な「高島」が見えています。

上へ戻る
触バックナンバーへ